2016年10月28日金曜日

日本維新の会一般党員募集について

日本維新の会では、党員として日本維新の会を支えてくださる方を募集いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

募集要項

入党資格日本維新の会は党の綱領にご賛同いただき、
入党してくださる個人の方を募集します。
(1)我が党の綱領、主義、政策に賛同される方。
(2)満18歳以上で、日本国籍を有する方。
(3)他の政党の党籍を持たない方。
入党資格の審査に際し、記載事項に不備があった場合は、受け付けられません。
党員には党員証をお送りさせて頂きます。
党費年額2,000円(1月~3月更新月)

2016年7月12日火曜日

参議院選挙を終えて

今回の参議院選挙では、主にいしいみつこ候補(おおさか維新の会 公認 全国比例)の応援を中心に活動をし、いしい候補は、68147票を獲得し、同党の3位で見事に当選を果たすことができました。

また、東京2区では、同党の候補者の中でトップの得票となり、東京(全体)、大阪等でも3位となり、特に大阪では19000票余りを獲得することができました。

東京、特に東京2区あるいは関西など重点的に回った地域から票が出る結果は、選挙の基本をやはり思い知らされる結果です。

今後は、以上を踏まえ 私 大熊利昭の政治活動を地元でしっかりと展開して参る所存ですので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。


2016年3月1日火曜日

私の考える基本政策

1 金融政策、マイナス金利政策から、規制改革、行政改革へ

マイナス金利政策を含む過度に金融負荷をかけた政策は、経済成長、暮らしの向上に役立たないばかりか、逆効果。

例えば、自動車をローンで買う場合、マイナス金利によって実質的に値下げ競争となり、まさにデフレに逆戻りする政策。

行政改革によって、100兆円を超える歳出を仮に5%削減できれば、その分お金が民間に還流することによって、経済成長につながる。

規制改革によって、農業や電力システムに新たな資金需要が発生し、投融資拡大を通じて経済成長につながる。

2 脱原発、再生可能エネルギーへの転換こそ経済成長戦略

再生可能エネルギーの大量導入には、電力システム全体を適切に制御できる新たな電力ネットワークシステム(大量連携系統の制御等)が不可欠。

その開発等のために新たな資金需要が発生し、その投融資拡大を通じて経済成長へ。

3 憲法違反の安全保障法制を見直し、日本をしっかり守る法制へ。

安倍政権の安全保障法制は、地域限定がかかっていないので、日本周辺でなく全世界にまで自衛隊を展開できる法制。

孫子の兵法等古来の戦略からも、防衛は自国とその周辺を固めるというのが鉄則でそれに全く反している、現行法制を改める。